住宅模型

専門家に相談する

模型と図面

一軒家を建てようと考えるタイミングは人によって様々ですが、多くの人が結婚や出産などを理由に考えます。しかし、資金はあっても土地が無ければ一軒家を建てることはできません。そのため、多くの人は借地を利用して一軒家を建てることになるでしょう。しかし、借地を借りて住宅を建てる場合は、幾つか注意が必要になります。例えば、建物の持ち主は建設した人になりますが、土地や借地のため持ち主が異なります。そういった場合、どんなに住宅の持ち主が売り物件にしたくても、借地の持ち主が同意してくれなければ売ることはできないのです。その他にも、家が狭くなったという理由で勝手に増改築することができない場合もあります。このように、借地に家を建ててしまうと自分の好きなように家を管理することができなくなってしまい、借地の主とトラブルが起きることもあります。トラブルになってしまったら、そのまま土地を借りることができなくなってしまう可能性も出てくるため、気になる事があったときは、まずは借地トラブル専門の弁護士などに相談してみて下さい。専門の弁護士なら、豊富な知識を持っているため素人では分からないような方法で対策をとってくれます。また、相談をするなら借地契約をしたときの資料などを持っていった方が良いでしょう。資料の内容を見せることで、相手が理不尽なことを言っている場合でも適切な対応をしてもらうことができるでしょう。また、借地契約をする前に、専門家に相談をするのも一つの方法です。注意するべきポイントなどを相談して事前に教えてもらいましょう。